Tak Note

日々のノート

ドナルド・トランプ大統領と中国・習近平の関係は今後改善?日本・アメリカ・中国の三角関係はどうなる!:江崎道朗のネットブリーフィング考察

広告

トランプ政権には、ドラゴンスレイヤーパンダハガーがどちらもいる

f:id:kamotak:20170403212811p:plainf:id:kamotak:20170403212846p:plain

 

 

ドラゴンスレイヤーと、パンダハガーは、中国に対する政策スタンスの違いによります。

 

要は、

・中国に対して厳しい = ドラゴンスレイヤー

・中国に甘い = パンダハガー

です。

 

 

中国の側から見ると、アメリカ政権は、だいたい最初は中国に対して厳しく、経済的利益を提供していくと、甘くなっていくそうです。

つまり、買収や利益供与すればいいってことですね。

 

では、経営者として経済色が非常に強いドナルド・トランプ大統領はどうでしょうか?

 

中国企業の投資により、アメリカの雇用が増え、中国に対する輸出が増えることで、アメリカの貿易赤字が解消したら、トランプも中国には融和的になるかもしれませんね。

 

副大統領マイク・ペンスインディアナ州は、中国がお得意さん

インディアナ州は、日本語のホームページがあります。

日本企業もたくさん進出していますし、留学生も多いからです。

米国インディアナ州政府駐日代表事務所

 

では、中国についてはどうでしょうか?

Indiana | US China Business Council

専用のホームページまではありませんでしたが、決して無視できないお得意さんであることがわかるデータです。

Growth in Indiana Exports, 2006 – 2015
China is Indiana’s second largest services export market 
Growth in Goods Exports to China: 178%
Growth in Goods Exports to Rest of World: 48%
Growth in Services Exports to China: 485%
Growth in Services Exports to Rest of World: 74%

商品の輸出は、カナダ、メキシコに次いで第3位。

ちなみに日本は5位です。

 

サービスの輸出は、アイルランドに次いで2位。

これも日本は5位です。

 

輸出品の上位に占めるのはいずれも工業製品。

インディアナ州は製造業が強いので、中国の製造業が進出してくると、経済的に良い関係が築けるでしょう。

 

 

www.japan-note.com

 

日本も中国も、軍事的な安全がアメリカのスタンスにかかっている国です。

日本は日米安保がないと自国すら守れません。

中国は、アメリカが強硬姿勢に出ると、「核心的利益」を得られません。

(そのぶん中国の周辺国は安心ですが。)

 

つまり、アメリカをどっちに引っ張れるか、というのはとても重要なポイントです。

 

安倍首相とトランプ大統領の個人的関係はうまく行っており、非常に親密な会談が出来たことは、日本にとっては一歩リードでしょう。

 

GPIFがアメリカのインフラ投資を行うことも、国内では批判が巻き起こりました。

これも、投資を行うことで、日米関係が強固になることを避けたい人たちがいる、という可能性があります。

インフラ投資は別にアメリカに資金を献上するわけではないので・・・

 

果たして、今後の動きはどうなるでしょうか。

米中首脳会談に注目です。

 

www.japan-note.com