Tak Note

日々のノート

トランプの入国規制はメディアのプロパガンダに流されないアメリカ国民に支持されているのかも

広告

ロイターの調査結果は、入国規制を49%が支持

ロイターが入国規制についての調査を行いました。

サンプルは1201人なので、どこまで正確かはわかりませんが。

jp.reuters.com

 

果たして、民主党支持者は、入国規制に反対なのか、トランプ大統領のやることだから反対なのか、よくわかりませんが。

この人たちは、オバマ大統領がビザ発給制限、つまり入国制限を行った際に、反対していたのでしょうか?

 

www.japan-note.com

 

 

それとも、テロリストが不自由なく入国できる状態の方がいいのでしょうか?

ちょっとよくわかりませんね。

 

オバマ大統領も、自分が入国制限に関し、「宗教・人種による差別だ」と、プロパガンダに協力しています。

ほんと、お前が言うな!なんですが・・・

 

www.huffingtonpost.jp

リベラルメディアのハフィントンポストは、当然オバマとトランプは違う、と擁護しています。ファクトチェックにワシントンポストを挙げていますが、ワシントンポストもリベラルメディアです。

そもそも、ワシントンDCの新聞なので、民主党寄りの論調でないと売れないのだと思いますが。

 

www.nationalreview.com

Trump is preventing travel to the U.S. from seven terrorist-friendly nations. 

保守系メディアのナショナルレビューでは、7つのテロリストに融和的な国、と表現しています。

 

"Muslim Majority Country"と、”Terrorist Friendly Nations”だと、だいぶ印象が違いますね。

 

こうして、メディアは印象を操作していきます。そして、この大統領令の目的をより的確に示しているのは、”Terrorist Friendly Nations”の方でしょう。

だから、アメリカ国民に多く支持されたのです。

これが、「イスラム教徒の入国を拒否しろ!絶対にムスリムをアメリカに入れるな!」と言う話であれば、共和党支持者にも、反対に回る人が増えたことでしょう。

別に彼らだって、自分たちの身を守りたいだけで、人種差別をしたいわけではないのです。

 

オバマ大統領をはじめ、テロリストに融和的な国からの入国を制限することで、アメリカ国民の安全を確保しよう、と言う政策をこれまでとってきました。

そういった事実について、忘れられる権利を行使されても困りますね。

www.yomiuri.co.jp

 

政策は、非常に公共性が高いので、いつ、誰が、どのような背景で、どのような政策を実施したのかを忘れられては困ります。

それは、犯罪歴以上に忘れられては困りますね。

 

自分のやったことを棚に上げて、国民の支持を受けている首脳を叩く。

日本もアメリカも、変わりませんね。