Tak Note

日々のノート

藤井浩人(ふじいひろと)美濃加茂市長が逆転有罪。ガラスの天井はここにもあった?

広告

藤井浩人美濃加茂市長は、地元でも親しまれている若い市長

藤井浩人市長は、1984年生まれ32歳の、自治体の首長としては、
とても若い部類に入ります。

 

藤井浩人市長の前職は市議会議員

前職は美濃加茂市議会議員です。
初当選が、2010年26歳のときなので、
これも非常に若いです。

龍馬プロジェクトという、
地方議員のグループで、勉強会や地方巡業などに積極的に参加するなど、
非常に勉強熱心な議員さんでした。

www.ryouma-project.com

 

ちなみに、地方議員はそうそう解任されることがありません。
地方に行くと、実は倍率も高くありません。
そのため、何もしなくても市民のご機嫌取りさえすれば現職は受かりやすい、
という状況にあります。

そのため、真面目に働けば働くほど割に合わなくなる、
というのが、地方議員の現状であり、問題の一つでもあります。

 

最年少で美濃加茂市長になったわけ

前任の渡辺直由(わたなべなおよし)市長が、
健康上の理由により任期中に辞職されたため、
市議会議員1期目の2013年に当時29歳の若さで最年少市長となりました。

藤井浩人公式サイト

 

そして、就任から1年後の2014年に、
収賄の容疑で起訴されています。

 

当時のインタビュー動画

起訴された当時には、
前述の地方議員グループ龍馬プロジェクトの会長がインタビューを
Youtubeにアップしています。

 


第33回 緊急特別編 美濃加茂市長 藤井浩人氏 「焼け野原にするぞ」「はなたれ小僧が」と言われ… 前半【CGS 神谷宗幣が訊く】

 

タイトルからしても、検察の取り調べの模様が、
どれだけ劣悪で、非人間的かを物語っています。

この辺は、どんどん科学を持ち込むことで、
非人道的な取り調べをなくす方法を模索してほしいところです。

注目は、6分頃からの、街頭演説の様子です。

美濃加茂市民が保釈に際して、おかえりなさいと、
プラカードを用意してお出迎えしていました。

この映像だけで全てがわかるわけではありません。

しかし、市民にこの位信頼されている市長だということはわかると思います。

 


第33回 緊急特別編 美濃加茂市長 藤井浩人氏 今後の市政への決意を語る!美濃加茂市の未来のために… 後半【CGS 神谷宗幣が訊く】

 

名古屋高裁の村山浩昭裁判長は問題も指摘されている

今回の逆転有罪判決を下した村山裁判長は、
過去に無罪維持を1件しか出していない裁判長のようで、
その問題点が名古屋で弁護士事務所を構える、金岡弁護士に指摘されています。

www.kanaoka-law.com

 

平たく言うと、
「有罪と思ったから、その情報が集まるように調査をする裁判長」ということ。

つまり、有罪であるという「答え」ありきで、
そこにむかって理論を積み重ねていく、というスタイルなのではないか、
ということ。

今回で言えば、
一審で「信憑性に欠ける」とされた証言で、かつ、
証言に一貫性がないものが、「タレコミ」によって、
二審で採用される結果になったという。

 

また、別の弁護士、郷原弁護士も、この村山裁判長の挙動のおかしさを指摘している。

村山浩昭裁判長は、なぜ「自分の目と耳」を信じようとしないのかnobuogohara.wordpress.com

 

村山裁判長は、
マスコミの便宜を図り、判決要旨を事前に配布した。

しかし、市民への説明責任がある藤井市長や、
森弓子市議会議員を代表とする、美濃加茂市議会の要請ははねつけ、
判決要旨を渡さなかった。

 

マスコミは判決要旨を元に、
市長を攻撃するようなセンセーショナルな質問を、繰り広げるかもしれない。

それは自体は、メディアとして数字を稼ぐための当然の動きだ。

しかし、裁判長がそのような事態を引き起こすような真似をするのは許されるのか?

 

結局史上最年少市長を襲ったのは、既得権益者のガラスの天井ではないのか?

若者には元気がない、勢いがない、と言う割に、
元気な若者がでてくると、途端に潰しにかかるのが、
日本の歪んだところです。

もちろん、日本の、とは言いましたが、すべての人がそうではありません。

しかし、「働かないほうが有利である」ような、
既得権益は、働く若手、自分たちの地位を脅かす存在を、よしとしません。

 

残念ながら、地方には真面目に働く政治家がいる一方で、
そうでない人もたくさんいます。

 

今回の事件は、
「揉めていて進まなかった中学校の用水路の工事が、市長が変わった途端に進んだ」
ということが発端にあります。

だから、裏金をもらったに違いない、というのです。

 

若くして、精力的に活動する市長を妬んだ何者かが、
はめたのではないか、そういう陰謀を感じずにはいられません。

 

まとめ

とりあえず、今回はまだ判決要旨まで見ていないので、
それをみたらもう一度書こうと思います。

最高裁で逆転無罪となるとは思うのですが。

 

 

japan-lab.hateblo.jp

 

 

 

japan-lab.hateblo.jp