Tak Note

日々のノート

日本の歴史をストーリーで学ぶなら動画が1番?

広告

海外に長期間滞在すると、

妙に日本であるだけで尊敬される瞬間というのがあります。

 

例えば、トルコ人だと、

エルトゥールル号遭難事件、という、

トルコの軍艦が和歌山沖で沈没したときに、

その乗員を日本人が助けてくれた、

だから日本はいい国だ、仲間だ!みたいなノリですね。

 

他にも、イラク人なんかは、

日本はペルシャと同じアジアの大国で、

ヨーロッパとは違って、文化的で平和だ。

だから日本とは仲間だ!

 

他にも、日露戦争でロシアを破って大国入りした、とか、

第2次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)にて、

東南アジアの植民地が解放される基礎を作った、とか、

そういう話がするっと出てきます。

 

が、しかし!!!!!

 

そんな話をされた私は・・・

 

世界史履修漏れ!

なんなら、地理も日本史も履修漏れ!

 

そんなこと言われても、

「へー、そんなことあったんだ、日本ってすごい国なんだねー」

くらいのもんで、逆にいぶかしがられる始末です。

 

そんなことを言われている一方で、

日本は帝国主義を進めて、

ファシズムのイタリアやドイツと組んで、

世界の平和を脅かした悪い国って習ったような記憶もあって、、、

 

完全に????

 

となっていました。

 

しかし、そんなことちゃんと調べようと思ったところで、

ヨーロッパからじゃどうしようもありません。

こんなに、歴史の教科書を読みたいと思ったことは、

人生で初めてでした。

今後ももうないでしょう。

 

そこで役に立った、というか数少ない手段だったのは、

Wikipedia大先生とYoutube大先生です。

 

受験をするわけでもなんでもないので、

年号や人の名前などどうでもよく、

なぜそういうことが起こったのか、

それが日本以外の世界にどういった影響を及ぼしたのか、

そういうことが知りたかったんですね。

 

そういうときにこういう動画を見ると、非常に役立つなと思いました。

 

動画のいいところっていうのは、

話しているシーンに応じて、地図や写真がでてきて、

イメージにも残りやすいところですね。

 

しかも、自分の国のことを悪く言うのなんて、

日本人くらいのものなので、

この位潔く(でも筋は通って)日本を中心に考えている方が、

むしろ議論の材料としては役立ちますね。

 

逆に、自虐的な雰囲気で話していたら、

親友のポーランド人に怒られました。

「お前はなんで自分の先祖を貶めるようなことばかり言うんだ?」

 

歴史というのは、少なくとも外向きには、

そんなに自分の国のことを下げて言うものではないらしいです。

 

たしかに、そんなことしていたら、

堂々と外を歩けない国の人は多そうですね。