Tak Note

日々のノート

海外をより楽しむための教養科目

広告

海外に留学に行くと、

外国人の学生や、教員と接する機会がありますね。

 

そこで最初の話の種になった、

というか、日本に興味を持つ人達によく聞かれた・言われたことは

・宗教について

天皇とは?

・マンガ、アニメ、ゲーム

・和食つくって(というか寿司)

・日本っていつからあんの?

 

このあたりだった気がします。

・・・何故気がします、かといえば、私が海外行った初期は、

TOEFL49点レベルだったので、

そこまで分かってなかったからですね。

 

私は英語をまともに話せるようになるまで、

海外に渡航してから2ヶ月かかりました。

 

まともに話せるようになったら、

特に大学生くらいだと、

風習、文化、宗教、歴史、他国との関係、政治とか、

そういう話になることもしばしばありました。

 

妙にイラン人が仲良くしてくると思ったら、

日本人は同じアジアの仲間だ!

みたいなことを言ってきたり。

 

こっちからすると、イランって中東じゃ?アジア、へ?

みたいな感じでしたが。

 

よくよく考えてみると、

中東=Middle east って言い方が、

ヨーロッパを中心にしていて、

トルコまではユーラシア大陸のアジアパートなんですよね。

 

みたいな話も、

地理を勉強していないので最初よくわからなかったのでした。

 

結局のところ、日本人がヨーロッパとか別の国に行くことで

「異文化」を楽しむように、

自分のところと違うものって気になるんですよね。

 

ということは、

何がどこと同じで、

どう違うのか、さらっとわかっていると、

話もはずんで良いのかもしれません。

 

ということで、

・日本史(特に世界と関わり始めてから、中世もサラッと)

・世界史(さらっと)

・地理(どこに何があるくらい)

 

高校の教科書を一読していくと、

案外楽しいかもしれませんよ。

 

もう一度読む山川日本史・日本近現代史、世界史とか、

高校の教科書を勉強し直せる本はたくさんありますからね。

 

とはいえ、語学がちゃんとできて、

そんなことをしている余裕があれば、ですが・・・