Tak Note

日々のノート

歴史の話

「魔将軍」読書ノート:くじ引き将軍足利義教とは、先見の明がある革命者だった

くじ引き将軍、足利義教とは? 足利義満の五男。 第4代将軍となった、足利義持、天皇に祭り上げようとした、鶴若丸、の次の息子です。 父である、足利義満の寵愛を受けることなく、仏門に入ることを運命付けられていました。 しかし、足利義満は、天皇の地…

立憲君主制の原則を守り、良心の自由を尊重した、明治天皇の願い〜教育勅語を考える、その2

西欧の立憲主義と日本の歴史の双方に立脚していた教育勅語。起草したのは井上毅 西欧の立憲主義と日本の歴史の双方に立脚していた教育勅語。起草したのは井上毅 教育勅語を最初に必要としたのは、各府県知事たちだった 徳育の規範となり、かつ、良心の自由を…

教育勅語は天皇のために命を投げ出せ、というものか?教育勅語を考える、その1

昭和天皇も、東宮御学問所で教育勅語を学んでいた 京都御所の写真 - 宮内庁より、御学問所(東宮御学問所ではない) 昭和天皇も、東宮御学問所で教育勅語を学んでいた 赤旗、共産党議員、毎日新聞、朝日新聞の論に踊る言葉 森友学園騒動により、改めて脚光を…

建国記念日と天皇〜神武天皇即位の日で、大日本帝国憲法交付の日

昭和41年に制定され、政府には祝われない建国記念日 どうやら、建国記念日を祝うと、国家主義、軍国主義になる、という理由で戦後反対があったそうです。 結果から言えば、そんなことは全く起きていないわけですが。 天皇陛下は、2月11日に宮中でお祀りをさ…

三木武夫が三木おろしで耐えられたのは、検察や内閣法制局などを敵にしなかったから?

検察や内閣法制局は、予算の殆どが人件費で予算配分に左右されない 三木武夫は、田中角栄と同じ時代を生きた政治家です。 最近本屋に行くと田中角栄の本がたくさん並んでおり、注目を集めているようです。 しかし、「靖国神社私的参拝」を行ったことによって…

日本人は別に海外コンプレックス持つ必要ない気がする

日本人はなんとなく欧米コンプがある ペリーが黒船でやってきて、日本は大騒ぎで、海外の強さを感じた! みたいなのがペリーに文明を教えてもらった日本人、みたいなイメージですが、日本は、もともと欧米より遥かに文明的な国です。 例えば、「万機公論に決…

徳川慶喜に習う、優秀なエリートも戦略がなければ流されるだけ

徳川慶喜といえば最後の将軍・大政奉還以外のイメージがない 幕末や戦国時代は人気者のスター揃い 幕末、というのは歴史の中でも非常にスターが多く、人気の時代です。 日本の激動の時代で、今とは全く異なる世界観が描きやすいことからか、時代劇のテーマに…

留学する前に知っておきたい日本固有の「元号」が意味すること

元号は、天皇が定め続けた結果少なくとも1300年続いて今も残っている 実はジャパンもニホンもニッポンも、一緒 統治者が一貫していることの意義 天皇とはどういう存在か、国王や法王と比べてみる 行政権の長と国家元首が一致している、アメリカ大統領の場合 …

坂本龍馬に習う、ブラック企業で生き残ってキャリアアップするための方法

向学心と行動力しかない、だれでもなれる幕末志士坂本龍馬 坂本龍馬がどういう人かを説明している動画の簡単な解説記事がこちら。 japan-lab.hateblo.jp これを読み返していて、ふと、自分がブラック企業で働いていたときのことを思い出したので、つらつらと…

幕末の志士の中で、坂本龍馬だけは頑張りゃなれる!

坂本龍馬以外は頑張ってもなれない 高杉晋作 = 普通は生きていられません 西郷隆盛 = 巨漢っていいですよね 岩倉具視 = お公家様。家柄は努力でどうしようもないです 幕末の志士はなんだかんだこういう常人離れした人ばっかのようです。 では坂本龍馬にな…

大政奉還の時の将軍徳川慶喜とはどんな人?

子沢山でエゴイストで将軍の中で最も長生き 明治維新が日本の現代に関わる一大イベントですが、政府側はよく話題になりますが、幕府側の特に将軍については、あまりイメージがありません。 幕府側というと勝海舟の方が、徳川慶喜より教科書でもページ数多い…

トランプ大統領は日本にとって茨の道!だがヒラリーは地獄と論じた評論家

実はアメリカ大統領線は、候補者選びの時から「トランプ」vs「その他全員」! トランプの勝利を予測しつつ、日本にとってヒラリーは地獄、トランプは茨の道と論じていた評論家がいました。それは・・・?

日本の歴史をストーリーで学ぶなら動画が1番?

海外に長期間滞在すると、 妙に日本であるだけで尊敬される瞬間というのがあります。 例えば、トルコ人だと、 エルトゥールル号遭難事件、という、 トルコの軍艦が和歌山沖で沈没したときに、 その乗員を日本人が助けてくれた、 だから日本はいい国だ、仲間…